VirtualBoxにimgファイルを読ませる方法。

MacOSを使っていると大抵はVirtualBoxで困るようなことは無い。

ただし、
たまにWindows環境を仮想化して、テスト環境を構築する際困ることがある。

WindowsDreamSpark等を利用して、OS等を引っ張り出すと、大抵の拡張子が[.img]になっている。
VirtualBoxでこれをそのままマウントしようとしてもうまいこといかない。

この辺りのGoogle先生の上のほうだと、

http://www.webupd8.org/2009/12/convert-usb-boot-image-img-to-virtual.html

http://superuser.com/questions/554862/how-to-convert-img-to-usable-virtualbox-format

など、imgファイルをVBoxManagerを利用してvdiに変換しろ等々をいってくるのだが、やはり巧くいかない。

最終的に、

$ hdiutil convert -format UDTO -o 変換先ファイル名.cdr 変換元ファイル名.img

を利用してcdr形式に変換して、いつも通り初回起動時にcdrを指定して起動させる方法で落ち着いた。

情報系の学生に感謝。
参考:http://sheemaa.hatenablog.jp/entry/2013/11/18/195609

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です